世界中で広がりを見せているAirbnbですが、日本ではどうでしょうか。今のところ2000件くらいの
宿泊所が登録されているみたいですけど、全世界で100万件以上の中の2000件ですからまだまだ流行っているというほどではないですよね。

2020年には東京オリンピックが開催されるのでこれから大きく伸びる可能性はありますけど、地方にまでその勢いが波及するのはあまり期待できないような感じがします。東京とその近郊都市でAirbnbを利用して泊まった宿から地方へ足を伸ばす観光客が多ければ経済効果の波及はあるでしょうけど、Airbnbを使って地方に泊まるのはあまり普及しない気がするのです。観光地とその周辺なら少しくらいは増えそうな気もしますけど、そういうところはもう既に充分な数の宿泊施設が揃っているのでそこへ割ってはいるのは難しいと思います。

宿泊専用の施設に泊まるのと民泊とでは提供できるものも求められる物も違うでしょうからすみわけは可能でしょう。民泊ならホストや他のゲストと交流する楽しみもありますし、基本的に食事の提供もベッドメイキングの手間もないし、設備に投資してないから価格面で有利になれるのでホテルや旅館に対抗できないことはないんじゃないかな、とは思いますけれど、問題は日本人の意識というか慣習というか、自宅に知らない人を泊めることに抵抗感を強く感じる人が多いように思うので特に地方は難しいんじゃないかという気がします。日本人同士でも見ず知らずの人からお金を払うから泊めてくれといわれて了承する人はそんなに多くないでしょう。

迷惑をかけるのもかけられるのも嫌うのが日本人ですから、日本とは違う文化や常識を持った外国からきた旅行客を仲介者を通してでも泊めるのはトラブルを恐れてやりたがらないと思います。地域で話しあって共同してやるならそのときはおもてなし精神の発揮でできるでしょうけれど、個人単位では近隣への迷惑まで考えて簡単にはいかないと思います。Airbnbで稼ごう儲けようと思っている人は都市部でなら成功するかもしれません。マンションの空き物件ならたくさんありますし、観光客も増えていますから需要と供給を満たしやすい環境のある都市部はAirbnbにとって可能性の高いところではないかと思います。それよりも一番の問題は旅館業法ですけれどね。