2015年 9月 の投稿一覧

airbnbを始めて収入を得よう!airbnbの魅力3選

airbnbを始めて収入を得よう!airbnbの魅力3選

日本人がホストとしてAirbnbを始めるきっかけはさまざまありますが、その中でも始めやすいのは「知人がホストをしていたから」というものです。
知人がホストをしていて特にトラブルもなく順風満帆なホスト生活をしていたら「自分もやってみたい」という気持ちになってもおかしくはないです。

私自身もairbnbをやっていますが、始めたきっかけがそうでした。

空いている部屋が一室もないし他人との交流にもさして興味がないということであれば、何も無理に始める必要はないです。
しかし、それなりに空いている部屋があって少しでも他人、特に外国人との交流に興味があるならば1度始めてみても面白いと思いますよ。

airbnbの魅力①:異文化交流

ただ単に他の日本人と交流するだけなら、そこまで刺激はないのかもしれません。
しかし、それがいろいろな国の外国人と接するということであれば、ゲストと交流を持つたびに刺激を受けることができます。

そのゲストが住んでいる祖国の何気ない話を聞くだけでも価値がありますし、異文化交流することで人間的に成長することができます。

airbnbの魅力②:副収入

Airbnbにはゲストに貸す部屋を掃除代行してくれる「airbnb掃除代行」というサービスもあり、airbnbに時間を費やせない方でも始めることが可能です。
また、ホストとしてさまざまな外国人を迎え入れることは、不安があるのかもしれませんが心配は無用です。

日本に観光で来るような外国人はかなり裕福な場合が多いためそこまでマナーの悪い人はほとんどいませんし、宿泊代金をあえて少し高めに設定することでゲストを厳選して泊めることもできます。
airbnbは副収入の面で考えるとかなり満足できると思います。

airbnbの魅力③:損がない

一定のペースでゲストを迎え入れることができればかなりの収入になりますし、そもそも異文化交流という点においては十分満足できるはずです。
こちからから海外旅行へわざわざ出かけなくても良いわけですからそう考えればコストパフォーマンスは非常に良いということになりますし、そんな希望があるならAirbnbを利用することによる損失はほとんど考えられないです。

また、自分の子どもがいる場合は、早くから国際交流のチャンスを与えることができますので、そんな観点からしてもメリットは少なくないです。
ですので、日本人がAirbnbのホストとして得られるメリットは多々あります。

まとめ

簡単にairbnbの魅力をご紹介しましたがいかがだったでしょうか?
多くの外国人が訪れるであろう2020年の東京オリンピックに向けてairbnbは注目されています。
今から始めて大金を稼ぐ準備をしておくのが利口だといえます。

今回この記事でairbnbについて興味を持った方はオススメの運営代行サイトを紹介しますのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

オススメのairbnb運営代行サイト⇒「airbnb代行・エアビーアンドビー運営代行お任せ下さい!《Airbnb Supporters》」

上記のサイトはairbnbの運営代行をしているところなのですが、ネットで調べても口コミ良好でオススメできます。
空き部屋や不動産、土地を持っている方は是非お問い合わせして副収入を得る機会を作ってみるといいでしょう。

何よりairbnbでしか体験できない刺激を受けることができます!

ビジネスなどの様々な可能性を秘めたAirbnbの特徴

Airbnbは、世界各国で少なくとも1年で2千万人という利用者に利用させるビジネスとして、近年になって一般人でも儲けを得るビジネスとしてAirbnbを収入源として活用しています。旅館やホテルを経営する場合は、土地や建物などの費用を自己負担として捻出する必要があって、少なくとも数百万円以上のお金を持っておかないと経営が出来ないです。さらに経営の際には従業員に対する給料や設備の維持費などにお金が掛かってしまって、実際の収入は売上や経費に左右される事が特徴です。
Airbnbに登録して不動産を持っている場合、紹介料などの経費を除いた家賃の収入が入ってきますので、維持費などの経費を抑えながら楽しく経営が出来る傾向です。
利用されるお客様は、宿泊施設などを利用した際にニーズが合っている所を選択する傾向です。旅館やホテルは宿泊を提供するサービスをしていて、Airbnbは近年に宿泊を提供するビジネスとしてのライバルと言えます。インターネットで気軽に様々な物件を提示していて、立地や部屋の内面などを紹介して楽しんで貰えるという部分に将来的な可能性を秘めています。利用される人は、注目をしていて人気のある宿泊施設を選ぶ傾向なので、物件の人気の度合いや提示する利用代なども売上の上昇を握る鍵であると言えます。
個人で不動産をAirbnbを経由して提供している場合、1年に500万円以上の売り上げを出している一般人もいます。しかし、決して不動産を持っているからと言って、容易に利用者が利用するという考えを持たない事が原則です。しかし、都会などでのホテルなどの宿泊施設に関する稼動の度合いは、9割以上を超えている日が多いので、一般人が不動産を提供する形として大きなビジネスチャンスを得られて、参入すれば将来的に多くの収入を得られる機会が増します。近年は不要になった自分の名義として所有している住宅を手放している人も多くなっていて、ニーズに合っている人に貸していく事などの活用をしながら食べていく人もいます。