ビジネスなどの様々な可能性を秘めたAirbnbの特徴

Airbnbは、世界各国で少なくとも1年で2千万人という利用者に利用させるビジネスとして、近年になって一般人でも儲けを得るビジネスとしてAirbnbを収入源として活用しています。旅館やホテルを経営する場合は、土地や建物などの費用を自己負担として捻出する必要があって、少なくとも数百万円以上のお金を持っておかないと経営が出来ないです。さらに経営の際には従業員に対する給料や設備の維持費などにお金が掛かってしまって、実際の収入は売上や経費に左右される事が特徴です。
Airbnbに登録して不動産を持っている場合、紹介料などの経費を除いた家賃の収入が入ってきますので、維持費などの経費を抑えながら楽しく経営が出来る傾向です。
利用されるお客様は、宿泊施設などを利用した際にニーズが合っている所を選択する傾向です。旅館やホテルは宿泊を提供するサービスをしていて、Airbnbは近年に宿泊を提供するビジネスとしてのライバルと言えます。インターネットで気軽に様々な物件を提示していて、立地や部屋の内面などを紹介して楽しんで貰えるという部分に将来的な可能性を秘めています。利用される人は、注目をしていて人気のある宿泊施設を選ぶ傾向なので、物件の人気の度合いや提示する利用代なども売上の上昇を握る鍵であると言えます。
個人で不動産をAirbnbを経由して提供している場合、1年に500万円以上の売り上げを出している一般人もいます。しかし、決して不動産を持っているからと言って、容易に利用者が利用するという考えを持たない事が原則です。しかし、都会などでのホテルなどの宿泊施設に関する稼動の度合いは、9割以上を超えている日が多いので、一般人が不動産を提供する形として大きなビジネスチャンスを得られて、参入すれば将来的に多くの収入を得られる機会が増します。近年は不要になった自分の名義として所有している住宅を手放している人も多くなっていて、ニーズに合っている人に貸していく事などの活用をしながら食べていく人もいます。


台湾旅行でAirbnbのご夫婦に感動

1人で海外に行くのが好きで、長期休暇を取れたときはバックパッカーで旅行に行きます。

海外の宿泊先として便利なのがAirbnbです。
ホスト(提供者)の自宅の部屋を安価で宿泊させてもらえるサービスでもう5回ほど使っています。
事前にサイトで調べてホストの人にメールで予定を確認し詳細を決めていきます。
今回は台北に5泊ほどする予定で、日本語も少しできるという50代のご夫婦に泊めてもらえることになりました。

空港に着くと、市街地までバスで移動し、まずホストの人の指定した駅まで移動しました。
顔写真は交換していたのですぐにわかり、ご夫婦が2人で迎えてくれました。
挨拶をして自宅に行くと、さっそく部屋に案内されます。
案内された部屋は家の離れにあり、宿泊施設にいるような感じで使いやすそうです。

最初の夜はご夫婦と一緒に食事をいただきました。
旦那さんのAさんは日本語が上手で、奥さんも少し理解しています。
台湾は親日国なので、リスペクトしてくれてとても楽しい会話が出来ました。
台湾料理も日本人好みの味で奥さんの手料理を美味しくいただきました。

今回の台北旅行ではAさんから美味しい小籠包のお店を聞けました。
日本にもある一番有名なお店ではなく、もっと家庭的な地元のお店です。
そのお店は日本語を話せる店員さんがいて、おすすめを教えてくれたりしました。
日本にもある有名な小籠包屋さんの本店で食べたことがあるんですが、確かにそのお店に引けを取らない味です。
小籠包の他にも蒸し餃子や焼売があって、むしろそちらの味の違いを感じました。
Aさんに思わぬお店を紹介してもらえて大満足でした。

観光を楽しみ、5泊はあっという間にすぎて、Aさんご夫婦ともお別れの日が来ました。
その時に奥さんから台湾の手作りの月餅をいただきました。
「家族で召し上がってください」と日本語で言われて、とても感動しました。

台湾旅行で素敵なご夫婦と出会え、充実した旅行を楽しむことが出来ました。


日本におけるAirbnbの問題点とは何なのか

Airbnbは世界的にも広がりを見せているように魅力的なサービスなのですが、日本ではいまいち浸透していない原因として、
違法性があるかどうかが心配だという人も多いのかもしれません。というのも日本には、旅館業法というものがあるからです。
その旅館業法とはどのようなものか簡単に言うなら、営利目的で人を泊める場合にはきちんとした許可を取る必要があるというような法律です。本来はもっと細かい部分がたくさんあるのですが、ここではこの説明で十分だと思います。というのもこの営利目的という部分が重要だからです。
商売として行うのならまだしも、個人で貸し出すのがどうなのかというのは線引きが難しく、今まではこれもあってAirbnbには曖昧な部分が残っていました。ですが最近はその商売目的での利用が増加していたせいもあるのか、福岡県で全国で始めてAirbnbは旅館業法違反という見解が出されました。今後国内では、厳しい立場になるのかもしれませんね。
しかし今の日本は、円安にする事によって観光客を誘致していくという方針をとっており、実際にここ数年日本に来る観光客の数は増加傾向にあります。訪日外国人2000万人時代に向けてなどと、政府が大々的に打ち出していますし。しかしそれに反して、宿泊施設はそれほど増えておらず、このままだと間違いなく不足していくと思います。そんな中注目され始めていたのがAirbnbだった訳ですが、この福岡の見解で今後どうなっていくのかは注目する必要があります。
ただこういう新しいビジネスが導入された時に、インターネットなどを見ても法整備が追いついていないという事はよくあります。実際海外でもAirbnbは違法だという見解が出されたところもありますが、合法化に向けた法整備がなされているところも多いです。その場合は商売や投資目的の部屋ではなく、日頃生活をしている部屋ならOKという感じですが。まあAirbnbの本来の目的でいうのなら、そちらの方が正しいと言えるのでしょうね。
個人的には観光立国を目指すなら、Airbnbはその助けになると思いますし、日本でもその方向で法整備が行われて欲しいです。


Airbnbの魅力とこれから利用してみようという方へ

旅行好きな方はとても多いと思います。
そんな中でも海外旅行というのはやはり夢が詰まっているため、人気が高いですよね。
その人気の海外旅行をより一層楽しくするためにAirbnbというサービスを利用してはみませんか。
旅行好きな方達の間ではすでに有名なサービスですが、海外に住む現地の方の家に泊まることが出来るという画期的なサービスなのです。
WEB上で簡単に登録をする事が出来て、どなたにでも利用をする事が出来ます。

Airbnbを利用することで、普通の海外旅行では経験できないようなディープな楽しみ方をすることも可能です。
やはり現地の家にそのまま泊まるということは、その国の生活感がそのまま見えるわけです。
家の中に飾ってあるものや置いてあるものを見るだけでもなかなか興味深いかもしれません。
食事も家庭料理が出てくるため、よりその国の食生活を直接感じることが出来るのです。

そんなAirbnbですが、じゃあぜひ利用してみたいという方へ少しだけ注意点を書かせていただきます。
こんなに素晴らしいサービスですが、やはり人間同士ですのでトラブルが全くないわけではありません。
しかし事前にしっかりとその国のことを調べるだけで失敗を回避することはいくらでも可能です。

例えば日本人がAirbnbを利用してホストとして宿の提供側になった場合、海外の旅行客が失敗するとすれば何が思い浮かぶでしょうか。
それは土足で家の中に入る事だと思います。
海外では家の中でも靴を脱がない場合が多いので、日本の靴を脱ぐという文化を知らない場合が多いわけです。
つまり、こちらが海外に行く際にもその国の常識やルールを一切知らないのは非常に危険なわけです。
せっかく快く家を貸して下さるホストの方に嫌な思いをさせたくはないですよね。
その国での最低限のルールだけは旅行前に調べておくようにしましょう。
ほんの少しの気遣いが、後々の関係に繋がっていくのです。

Airbnbという素晴らしいサービスですが、一人一人がしっかりと気遣いをすることで更に良いサービスとして広まっていくのではないでしょうか。


ベルギー旅行でAirbnbのご夫婦の優しさを感じました

私はバックパッカーでの海外1人旅が大好きで、年に数回は長期休暇を取って海外に1人旅に行きます。

今回はベルギーのブリュッセルに3泊5日の弾丸ツアーに行きました。
私はバックパッカーで旅行をするときにはAirbnbを利用します。
一般の方が自宅の部屋を開放してくれて安く提供してくれています。
今回は3泊ですが、全部ブリュッセルを拠点にして周りたいのでここ1つだけを予約しました。

ベルギー空港に着くと、市街地までバスで移動し、まずホストの人の指定した駅まで移動しました。
あらかじめ交換していた顔写真を見ながら探していると、男性から声をかけられました。
日本人は向こう側からわかりやすかったようです。
一緒に自宅に行くと、改めて奥さんにも自己紹介。
旦那さんは50歳のBさん。奥さんは45歳のGさんです。
さっそく部屋に案内されると、キッチンまで隣りにあり、自由に使って良いと言われました。
部屋の大きさは15畳ほど。十分すぎる広さです。

最初の夜はご夫婦と一緒に食事をいただきました。
とてもフレンドリーなご夫婦で、日本人の僕に興味を持ってくれたそうです。
日本には来たことはないらしいですが、至る所に日本の人形やらこけしやら扇子やら。
所狭しと和のものが飾ってあります。
少しアンバランスな気がしましたが、それでも日本人としては嬉しかったです。
Bさんからもいろんな置き物のことを聞かれて、それに答えるのが楽しい夜でした。

翌日から1日観光バスの観光スポットを楽しみました。
何もスポットを知らなかった私としては、一定コースで回ってくれるのは安心でした。
それとGさんおすすめのお店を紹介していただいたのでそのお店に行ってベルギーワッフルを満喫しました。
観光スポットもおすすめのお店も回れてブリュッセルを満喫できました。

3泊という時間はあっという間にすぎて、ご夫婦ともお別れです。
最後の夜はGさんのセビリア料理をいただき、その美味しさに感動していました。

今回のセビリア旅行もご夫婦との素晴らしい出会いがあり、充実した旅行を楽しむことが出来ました。


Airbnbを利用する際の楽しみとは

Airbnbは旅行好きな人にとってはとても嬉しいサービスですが、何がそんなに人気なのでしょうか。
それはやはり現地の家を直接借りることによって、その国特有の雰囲気を目一杯感じることが出来る所にあるようですね。
場合によってはお城に泊まることだって可能なのです。
日本にいたら一生味わうことが出来ないですよね。
そして同じ国でも泊まる都市によっては雰囲気も全然違います。
それぞれの習慣の違いや、食べ物の違いなど興味深いことが沢山ありますね。
Airbnbを利用することで今まで体験したことのなかった体験をする事が可能です。
その国特有の文化を心の底から楽しむことが出来るというのは素晴らしいことですよね。

もしも部屋が空いているという方はAirbnbでホスト側になるという楽しみもあります。
余った部屋をそのままにしておくのは非常に勿体無いですし、使ったほうが良いとは思いませんか。
海外の方が来て下さることで様々な国の話を聞くことが出来ます。
人との交流が好きな方には非常に楽しいものと思われます。
空き部屋を収入源にすることが出来るという特典付きです。
他国の言語を使いこなせる方にはこれ以上ない役割かもしれません。

Airbnbを利用することで、他国の方と交流が出来次回同じ国に行く際にも再び利用出来ればこんな安心なことはありませんよね。
海外の方も日本で同じように毎回同じ家に泊まる方がいるかもしれません。
それはお互いの信頼関係の成せる技だと言えるでしょう。海外の友達を作る良い機会なのです。

これから英会話を勉強しようとしている方は、ゆくゆくはAirbnbを利用してホスト側になってみたり、海外旅行に行って一般家庭で宿を借りるのも楽しいとは思いませんか。
目標があるとどんなことでも苦にはなりません
せっかくこんなに素晴らしい物があるのですから利用しない手はないですよね。
きっと今まで生きてきた中では感じたことのないような素晴らしい感動を得ることが出来るはずです。


合理的に旅行を楽しむようにしていく

近年は副業の方法も多様になっており、メインの仕事を継続しながらも多くの収入を得るような人がいるのです。その中でも効果的に収入を増やしやすいと言われているのが、Airbnbです。

これは、賃貸物件を所有しているオーナーが、月極の賃貸借を探すのではなく、数日間だけの旅行者に貸し出すという方法がAirbnbとなります。旅行者は、リーズナブルな現地のホテルよりも、更に安い価格で宿泊施設を借りることが可能になるのです。

ホテルのレベルで考えると、清潔感や住み心地などは多少劣るかもしれないですが、その場所で生活できる基本的な家具類や家電製品がすべて揃ってる状態で借りることが可能なので、選択をして夕食の買い出しに出かけるなどの方法も可能なのです。

つまり、住んでいる地域が旅行先に移ったかのような感覚で数日間だけ住むことが可能になるのです。これがもたらすメリットは、現地の人たちがどのような食事をしているのかよく分かることです。

インスタント食品を購入してみたり、レトルトパックや冷凍食品分かって食べてみることも可能です。このような体験は、ホテルに宿泊するツアーのパッケージでは体験することができない部分です。

そして、その賃貸物件を所有しているホストの方に、良い食事の内容や美味しいお酒、そして地元ならではの楽しい遊びなどを教えてくれる可能性があるのです。

これらのメリットをトータルで考えてみても、従来型のホテルに宿泊するような旅行の内容では体感できない内容が多いのです。

Airbnbを利用した体験については、ネットでも多く見つけることが可能だし、空き部屋を探しているときにも、実際にその部屋を使った人の感想の情報が記載されている事があって、これらの情報をまとめていけば、信頼の置けるオーナーであるのかが分かってきます。

そして、その部屋に住んでから気がついた内容なども書かれていることがあるので、宿泊する前に購入しておいた方が良い物などをチェックする事もできるのです。


珍しい物件に短期間住むことができる

ある程度の年齢になると、海外生活にあこがれる人は多くなるはずです。国内のいつもの居住空間に縛られることなく、もっと広い範囲を行動して好きなところに住みたいと思うようになります。

そんな時に、海外の旅行雑誌などをチェックしていると、センスの良い家具が配置されているペンションや、豪華なコテージなどが気になるようになってくるのです。

中には倉庫を改造したような、快適な住宅なのに海岸沿いに立地しているおかげで、非常にゴージャスな住宅に見える場合もあります。

旅行先に何を楽しみにいくかは人それぞれ違ってきますが、その中に現地でしか味わえないような住宅に住み、その感覚を楽しむという事も良い方法になるのです。

そのような物件に数日間だけ借りる事ができる方法が、Airbnbとなります。これは、空いているペンションなどの物件を所有しているオーナーと、旅行で数日間だけ借りたいという旅行者との間を取り持ってくれる会社なのです。

旅行先の自分のイメージする地域に、Airbnbに登録されている物件がどのくらいあるのかチェックして、その中で見た目や家具類、そして間取りなどを考慮してお好みの物件を絞り込んでいくのです。

そして、旅行の日程が決まったのであれば、その日程で借りる予約をするのです。このような感じで、近所のホテルを借りるように簡単に予約することが可能になります。

ただ、外国のコストの方から数日間だけ住宅の鍵を預かるので、信頼できるような人と取引をしたいと考えるようになります。そのような時には、そのホストの方が所有している物件を借りたことがある人のレビューなどを参考にするのです。

そうすることによって、ホストの方の人柄が分かってくるし、より良い建物を借りるイメージができてくるのです。

Airbnbに登録している空き部屋は年々増えてきている傾向にあるので、自分が旅行を計画した際には、友人たちに自慢できるような珍しい物件が借りる事ができたりするかもしれないのです。


Airbnbで旅行の考え方が変わってくる

Airbnbを利用して旅行をしようと考えた時には、現地で利用する部屋を詳しく調べることです。旅行当日に現地に着いてから部屋を見るまでに多くのことが調べ事が可能なのです。

まずは部屋の広さです。旅行なので狭い部屋でも良いと言う考え方がありますが、逆に住宅事情から狭い部屋に住んでいる人は、旅行の期間中だけでも広い部屋を満喫することが大事です。

部屋が広くなると、それだけ気分もゆったり感じられ、よりストレスを解消することができるのです。なので、旅行の期間中だけいつもの生活より違った空間を楽しむようにするのです。

そして、もう一つが立地条件です。観光地を巡る旅行であれば、その観光地から最も近い建物を選ぶべきです。移動に車が利用できるのであれば、より風景の良い地域のペンションなどを選ぶことも可能ですが、徒歩になると、歩く時間が長くなれば、貴重な時間が無くなるし疲労感がしてきます。

なので、移動手段と立地条件を上手く考慮して良い場所を選ぶのです。

Airbnbの物件の登録数は飛躍的に伸びてきており、自分が希望する地域で空いている物件を絞り込んでも、ある程度見つかる可能性があるため、自分が好きな条件をいくつも出して決めるのです。

そして、契約などをするときに必要になってくるのが英語力なのです。日本語に翻訳してサイトを閲覧するのは容易にできるのですが、契約などをの面において一通り目を通す必要があるため、そのあたりで言葉が分からないと問題になることがあります。

なので、Airbnbを利用するには、ある程度旅行になれている場合、そして基本となる英語のスキルが必要になってくるという部分です。これさえクリアできれば、世界中にある珍しいような部屋を借りたりすることが可能になるので、旅行が相当に楽しくなってきます。

世界の観光地はある程度限られているので、後は現地の人たちが毎日のように楽しんでいる事が何であるかチェックして自分も楽しむような感覚が、新しい旅行だといえるのです。


オリンピックのボランティアに向いている宿泊部屋提供サービス

Airbnbは、旅行先の現地の家を安く借りられるのが売りです。だから、宿泊料金の高い国に旅行に行っても、自分の予算の範囲で宿泊できる宿が、Airbnbならば確実に見つかります。Airbnbがあったからこそ、行ってみたい国に行くことができた、という人も数多くいるからです。

Airbnbは、既に世界中で190以上の国が利用していて、3500以上の都市でAirbnbの宿泊先が確保できるので使えないところは、ほとんどない状況です。だからこそ、予算内で旅をすることができるので、今まで行けなかった国にもAirbnbがあるからこそ、行くことができた、という旅行者もたくさんいます。

日本にもAirbnbのサービスが始まってきているので、オリンピックを控えていることもあり、Airbnbの需要はますます高まるはずです。
英語や中国語などを話せる人は、積極的にオリンピックのボランティアに立候補しています外国語を話せて、自宅に空いている部屋があるのなら、ボランティアと同時進行で、Airbnbで自宅の空き部屋を貸すというのも一案です。外国人に道案内もできて、自宅も貸すことができて、収入になるからです。オリンピックのボランティアの方は、外国人とのコミュニケーションが得意な傾向があるので、語学力をAirbnbで活かすこともできるし、宿泊客とのコミュニケーションも活発に取れます。オリンピックのボランティアの方は、Airbnbで空き部屋を貸すことを検討してみると良いと思います。

外国語が話せなくても、Airbnbで空いている部屋を旅行者に貸すことができます。清掃サービス会社では、外国人とのやりとりも全て代行してくれるからです。宿泊客の外国人とコミュニケーションを取るのは、Airbnbを介するオーナーの裁量による部分が大きいので、必ずコミュニケーションを取らなければならない、ということはありません。

空いている部屋を外国人の宿泊客に安く提供することで、賃貸収入を得られるのがAirbnbの大きな売りです。
海外の例では、ボートやヨットを宿泊施設に改装して、安く利用できるようにしている例もあります。