Airbnbの日本での問題と可能性

世界中で広がりを見せているAirbnbですが、日本ではどうでしょうか。今のところ2000件くらいの
宿泊所が登録されているみたいですけど、全世界で100万件以上の中の2000件ですからまだまだ流行っているというほどではないですよね。

2020年には東京オリンピックが開催されるのでこれから大きく伸びる可能性はありますけど、地方にまでその勢いが波及するのはあまり期待できないような感じがします。東京とその近郊都市でAirbnbを利用して泊まった宿から地方へ足を伸ばす観光客が多ければ経済効果の波及はあるでしょうけど、Airbnbを使って地方に泊まるのはあまり普及しない気がするのです。観光地とその周辺なら少しくらいは増えそうな気もしますけど、そういうところはもう既に充分な数の宿泊施設が揃っているのでそこへ割ってはいるのは難しいと思います。

宿泊専用の施設に泊まるのと民泊とでは提供できるものも求められる物も違うでしょうからすみわけは可能でしょう。民泊ならホストや他のゲストと交流する楽しみもありますし、基本的に食事の提供もベッドメイキングの手間もないし、設備に投資してないから価格面で有利になれるのでホテルや旅館に対抗できないことはないんじゃないかな、とは思いますけれど、問題は日本人の意識というか慣習というか、自宅に知らない人を泊めることに抵抗感を強く感じる人が多いように思うので特に地方は難しいんじゃないかという気がします。日本人同士でも見ず知らずの人からお金を払うから泊めてくれといわれて了承する人はそんなに多くないでしょう。

迷惑をかけるのもかけられるのも嫌うのが日本人ですから、日本とは違う文化や常識を持った外国からきた旅行客を仲介者を通してでも泊めるのはトラブルを恐れてやりたがらないと思います。地域で話しあって共同してやるならそのときはおもてなし精神の発揮でできるでしょうけれど、個人単位では近隣への迷惑まで考えて簡単にはいかないと思います。Airbnbで稼ごう儲けようと思っている人は都市部でなら成功するかもしれません。マンションの空き物件ならたくさんありますし、観光客も増えていますから需要と供給を満たしやすい環境のある都市部はAirbnbにとって可能性の高いところではないかと思います。それよりも一番の問題は旅館業法ですけれどね。


Airbnb(エアビーアンドビー)はこんな人におすすめ

みなさんはAirbnb(エアビーアンドビー)というサービスを耳にしたことはあるでしょうか。これは旅行先などで現地の家、つまり個人宅を借りて宿泊するサービスのことです。サービスは年々拡大しており、今では世界190カ国の地域で利用することができます。では、こんなAirbnb(エアビーアンドビー)のサービスはどんな人にあっているのでしょうか。今日はその点について記したいと思います。
まず、現地の生活を体験したいというアクティブな人にお勧めできます。旅行、特に海外での旅行は新しい文化、さらに現地の生活を垣間見ることができる絶好のチャンスです。とはいえ、みんなそれぞれ旅行に求めるものは違います。ある人はせっかくの休みなので、何もしないで、何も苦労しないで旅行先の景色や食事を楽しみたいと思うかもしれません。そうした目的で旅行したいのであれば、Airbnb(エアビーアンドビー)のサービスはちょっと面倒に感じてしまう可能性があります。なぜなら、Airbnb(エアビーアンドビー)は現地の個人宅を利用して宿泊するからです。ホテルと比べて、自分で食事を準備したり、買い物したりということが必要になります。
一方で、旅行先の生活を味わいたいという人にとってはAirbnb(エアビーアンドビー)のサービスはまさにぴったりと言えます。現地での実際の生活を味わうことができるからです。現地のスーパーで買い物して、そして食事を準備したり、さらには地元の観光地を巡ったりすることができます。旅行にこうした面を求める人には最適なサービスです。
さらに、できるだけ長期で滞在したいという人にもAirbnb(エアビーアンドビー)はぴったりです。ホテルよりも宿泊費を安く抑えて、家を借りることができるので、長期滞在には向いているサービスと言えます。実際に宿泊する家には必要な家電も用意されているので、生活するうえで不便を感じることは少ないはずです。
このように旅行に求めるものを見極めて利用することをおすすめします。


エアビーアンドビーに適したご家庭について

エアビーアンドビーについては最近インバウンドが盛んになっていることもあって、耳にしたことがある方も増えてきているのではないでしょうか。しかし、まだまだ知らない方の方が多かったり、これからどういった仕組みで発展して行くのかも明確になっていないような状況です。最近のニュースでは個人が自宅を宿泊施設として仮で貸し出すのはいいとして、仲介業者がビジネスとして展開するようになったらそれは観光としての資格が必要になるのではないかという世論です。しかし、これkら海外からの渡航客をどんどん引き寄せたい国としても一概にNGをだすわけにもいきません。これからどういった線引き、法制化が行われるのか気になるところです。こうシア大きな背景部分についてはさておき、一体、どういったご家庭がエアビーアンドビーの宿泊提供先として向いているのでしょうか。
わたしはこのエアビーアンドビーで仲介業者から紹介してもらった海外からの渡航者を何度か宿泊させたことがあるのでなんとなくわかってきました。まずは何と言っても自宅に海外からの渡航者を宿泊させるスペース、もしくは部屋が余っていることです。さらにはお風呂とお手洗い洗面台が貸し出せること。最低限実はこれだけあればなんとかなります。食事については基本的にていきょうすることはありません。衛生上の問題などもあり、トラブルが想定されるかrです。次に必要なのはなんといってもホスピタリティです。もちろん、最初の挨拶だけで終わる場合もあります。また、渡航者があまりにもしゃこうてきでないばあいもありますので。かといって、ごがくりょくがひつようかというとそんなこともありません。あくまでちょっとしたコミュニケーションが取れればもんだいないわけです。こうした2つの条件を満たせるようであれば、一度エアビーアンドビーに登録して海外から音と後者を受け入れてみてはいかがでしょうか。非常に良い経験になると思います。


どうしてAirbnbはここまで大きく成長したのか?

Airbnbというサービスをご存知でしょうか?海外等の旅行先でその現地に住んでいる人の家に泊まることができる画期的なサービスです。今でこそ知る人ぞ知る、メジャーなサービスになってきましたが、そのサービスの登場当初は知名度0といっても過言ではないサービスでした。誰も利用する人がいないので、運営している企業も倒産寸前であったといいます。

こういった人の性善説を信じきったサービスは軌道に乗るのが難しいといわれています。全くの赤の他人の家に海外で泊まるだなんて、普通に考えたら怖くて仕方がありません。サービスとして定着しかけている今もそれは変わっていないので、全くの無名出あった頃はそれがより顕著であったと言わざるを得ません。

ではどうしてAirbnbはここまで大きく成長することができたのでしょうか?その背景には国からの盛大なバックアップがあったといいます。2008年8月に創業したこのAirbnbはカリフォルニアで生まれました。アメリカという国がこの事業に目をつけ、バックアップを始めたのは2010年ほどであったといいます。倒産寸前だったところに金銭的援助、また広告をうち、政府の方から利用を呼びかけるといったことをした結果、ここまで大きく成長できたのです。

私が思うに、当時アメリカはドル高の影響もあり、非常に観光客の足が遠のいておりました。そこでまだ目新しく、成長しそうであるサービス、Airbnbに目をつけたのでしょう。ここまで大きく成長し、また観光客が増えた今となってはその目論見が正しかったことになります。私はこのAirbnbというサービスを利用したことはありません。仕事が忙しく、海外旅行をする暇がないというのが一番の理由ですが、それとは別として、アメリカの政略に乗りたく無いなという気持ちがあります。上で述べたように、もう既にこのサービスは企業がやっているものではなく、アメリカという大きな国が行う事業となっているのです。私が利用する日は来ないでしょう。


airbnbは英語が出来なくても大丈夫

airbnbを始めてみたいけど、英語が話せないのでやっぱり無理かなって思う人も少なくありません。確かに英語がペラペラな方が良いのですが、話せない場合でも携帯の自動翻訳サービスなどを利用する手もあります。必ず伝えたいこと、たとえば部屋を使う上での注意事項などは英語や中国語などメジャーな言語で書いておいた紙を渡しておけば大丈夫です。観光地に行くと色々な言語で注意事項が書いてある事ってありますね。ああいった感じで紙に書いたものを渡しておけば良いのです。

また外国人に部屋や家を貸すことで、部屋を汚されたり壊されたりしないか心配っていう人も少なくありません。そういった場合にはairbnbの方で補償してくれるシステムもあります。またairbnbでは借りる人、貸した人が評価をするシステムになっています。借りる人の評価も見ることができ、礼儀正しいとか

部屋をきれいに使ってくれるなども事前にわかるので、この人はちょっとと思う時には貸さないという選択もできます。沢山の人が利用しているairbnbなので利用者が安心して使えるようになっているんです。でもやっぱり不安という場合にはairbnb代行 新宿業者に依頼することもできます。メール代行サービスから運営まで全て丸投げできるところまで色々あります。最初だけそういったところを利用するのも良いかもしれません。

日本は人口も減っているしこれから伸びるのは外国人相手の観光産業と言われています。空き室があって困っている人や海外の人ともっと積極的に付き合ってみたい、自分の家を利用してお小遣い稼ぎがしたいという人にとってはairbnbは魅力あるシステムです。実際始めて月に何十万も利益を得ている人や、自分がやってみて得たノウハウを売っている人もいるほどです。それだけairbnbをやってみたいという人が増えているんですね。こういう新しいものってとにかくまず始めた人が有利です。今はまだ知らない人も多く競争相手も少ないのですが、これから先どんどん参入する人が増えてきます。


今後の旅行の宿泊先は全てAirbnbで探す予定です

Airbnbを見ていると、日本国内から外国まで世界中の旅に出かけたい気分に駆られます。Airbnbの現地のホストさんと交流もできるので、旅行をしつつ、安心安全にホストとも交流ができそうだからです。旅行をして一日の最後にホストと一緒に食事もできるというホストもいるからです。旅行先の現地のホストと交流できることは、旅行者をしたい私にとって大きな心の拠り所にもなります。海外にいきなり旅行に行って、知らない人に囲まれると、少なからず不安や恐怖があるものですが、ホストと一緒に食事ができれば、安心だし現地の情報も入ってくると思うからです。

ホテルとは違う、近隣のお店の生のレビューを聞けそうなので、海外でも日本国内でも旅をするならAirbnbで宿を探したいと思いました。Airbnbでは、1人から最高16人プラスまでの宿泊施設が登録されています。貸し切りの宿から個室、さらにはシェアルームまで用意されているので、低予算で旅をしたい私にも海外旅行が実現できそうでAirbnbの存在に感謝しています。Airbnbの宿に泊まって海外旅行をしながら、ホストと交流ができれば、視野を広げることもできると思うのでAirbnbを介した旅行というのは、実りのある旅を実現できそうで夢が広がります。

日本国内でもAirbnbの宿がたくさんあるので、日本を旅行するときには、Airbnbを使いたいと思います。私は猫が好きなのですが、ホストさんは、猫を飼っているという宿泊先もあるからです。同じ県内でも、少し場所が変われば、文化が大きく変わることがあります。方言も多少変わってきます。市外になり、県外になり、地方が変われば、さらに文化は大きく変わります。

だから、現地の空気を感じながら旅ができるAirbnbで日本国内を旅行するときも、宿を探せば、良い思い出となる旅ができそうです。今後の旅行は日本国内でもAirbnbを利用したいと思っています。Airbnbなら、アメニティの状況や設備の具合、料金やハウスルールが表示されているので、利用者思いで使いやすいサイトでもあると思いました。


観光地に近い物件を借りて楽しむこと

自宅をホテルなどの宿泊施設を探している人たちに貸し出すサービスがあります。Airbnbは近年話題になっているサービスであり、誰でも物件を登録して貸し出して収入を得ることができるのです。これはエアビーアンドビー副業とよんでもいいでしょう。

ネットを使って、多くの人たちに自分の自宅の写真を閲覧してもらい、納得できる宿泊費用であれば宿泊の予約をすることが可能になります。この際にAirbnbに一定量の手数料を支払うのですが、これは宿泊施設のオーナーとゲスト側もいくらか支払う事になります。

このような、宿泊施設を借りたい側と貸す側の双方からサービス料金を徴収するだけですが、その登録している物件数が飛躍的に伸びてきていることから、多くの人がこのサービスを利用して良いサービスであると認識しているのです。

実際に利用した人から話を聞くと、良い印象を聞くのでその話を聞いた人たちも旅行に行く際には、Airbnbを利用する可能性が高くなってくるのです。

宿泊施設を利用した人たちは、どのような内容だったがレビューを残すので、それを参考にしながら借りる物件を探すことができます。良い物件を探す条件は、立地条件になります。

空港から観光地までの移動する途中当たりに宿泊施設があればベストになります。観光地を回るのであれば、最も見たい観光地に近い物件を探すというのも良い方法です。

夜間にその物件が見える場所であれば雰囲気も最高に盛り上がるのです。そして大自然をバックにしたコテージや、世界遺産などの古い建物などがあれば、その建物をバックに食事をすることも可能なのです。

このような、自分で旅行先のイメージを膨らませながら物件を探してことが可能になります。より自由な旅行ができるので、物件選びはとても重要になってきます。

最近は、建物が作られ部屋が使える状態にあるものの、空き部屋としてそのまま放置されている物件が多いため、今後もAirbnbに登録される物件数は伸びていく可能性が高いのです。より安く借りることができれば、借りる側に摂ってもメリットがあります。


日本人がAirbnbのホストとして得られるメリット

 日本人がホストとしてAirbnbを始めるきっかけはさまざまありますが、その中でも始めやすいのは「知人がホストをしていたから」というものです。知人がホストをしていて特にトラブルもなく順風満帆なホスト生活をしていたら「自分もやってみたい」という気持ちになってもおかしくはないです。空いている部屋が一室もないし他人との交流にもさして興味がないということであれば、何も無理に始める必要はないです。しかし、それなりに空いている部屋があって少しでも他人、特に外国人との交流に興味があるならば1度始めてみてもおもしろいです。

 ただ単に他の日本人と交流するだけなら、そこまで刺激はないのかもしれません。しかし、それがいろいろな国の外国人と接するということであれば、ゲストと交流を持つたびに刺激を受けることができます。そのゲストが住んでいる祖国の何気ない話を聞くだけでも価値がありますし、異文化交流することで人間的に成長することができます。

 Airbnbにはゲストに貸す部屋を掃除してくれるairbnb掃除代行というサービスもありますが、ホストとしてさまざまな外国人を迎え入れることは、不安があるのかもしれません。ただ、日本に観光で来るような外国人はかなり裕福な場合が多いためそこまでマナーの悪い人はほとんどいませんし、宿泊代金をあえて少し高めに設定することでゲストを厳選して泊めることもできます。

 それでも一定のペースでゲストを迎え入れることができればかなりの収入になりますし、そもそも異文化交流という点においては十分満足できるはずです。こちからから海外旅行へわざわざ出かけなくても良いわけですからそう考えればコストパフォーマンスは非常に良いということになりますし、そんな希望があるならAirbnbを利用することによる損失はほとんど考えられないです。

 また、自分の子どもがいる場合は、早くから国際交流のチャンスを与えることができますので、そんな観点からしてもメリットは少なくないです。ですので、日本人がAirbnbのホストとして得られるメリットは多々あります。


ビジネスなどの様々な可能性を秘めたAirbnbの特徴

Airbnbは、世界各国で少なくとも1年で2千万人という利用者に利用させるビジネスとして、近年になって一般人でも儲けを得るビジネスとしてAirbnbを収入源として活用しています。旅館やホテルを経営する場合は、土地や建物などの費用を自己負担として捻出する必要があって、少なくとも数百万円以上のお金を持っておかないと経営が出来ないです。さらに経営の際には従業員に対する給料や設備の維持費などにお金が掛かってしまって、実際の収入は売上や経費に左右される事が特徴です。
Airbnbに登録して不動産を持っている場合、紹介料などの経費を除いた家賃の収入が入ってきますので、維持費などの経費を抑えながら楽しく経営が出来る傾向です。
利用されるお客様は、宿泊施設などを利用した際にニーズが合っている所を選択する傾向です。旅館やホテルは宿泊を提供するサービスをしていて、Airbnbは近年に宿泊を提供するビジネスとしてのライバルと言えます。インターネットで気軽に様々な物件を提示していて、立地や部屋の内面などを紹介して楽しんで貰えるという部分に将来的な可能性を秘めています。利用される人は、注目をしていて人気のある宿泊施設を選ぶ傾向なので、物件の人気の度合いや提示する利用代なども売上の上昇を握る鍵であると言えます。
個人で不動産をAirbnbを経由して提供している場合、1年に500万円以上の売り上げを出している一般人もいます。しかし、決して不動産を持っているからと言って、容易に利用者が利用するという考えを持たない事が原則です。しかし、都会などでのホテルなどの宿泊施設に関する稼動の度合いは、9割以上を超えている日が多いので、一般人が不動産を提供する形として大きなビジネスチャンスを得られて、参入すれば将来的に多くの収入を得られる機会が増します。近年は不要になった自分の名義として所有している住宅を手放している人も多くなっていて、ニーズに合っている人に貸していく事などの活用をしながら食べていく人もいます。


台湾旅行でAirbnbのご夫婦に感動

1人で海外に行くのが好きで、長期休暇を取れたときはバックパッカーで旅行に行きます。

海外の宿泊先として便利なのがAirbnbです。
ホスト(提供者)の自宅の部屋を安価で宿泊させてもらえるサービスでもう5回ほど使っています。
事前にサイトで調べてホストの人にメールで予定を確認し詳細を決めていきます。
今回は台北に5泊ほどする予定で、日本語も少しできるという50代のご夫婦に泊めてもらえることになりました。

空港に着くと、市街地までバスで移動し、まずホストの人の指定した駅まで移動しました。
顔写真は交換していたのですぐにわかり、ご夫婦が2人で迎えてくれました。
挨拶をして自宅に行くと、さっそく部屋に案内されます。
案内された部屋は家の離れにあり、宿泊施設にいるような感じで使いやすそうです。

最初の夜はご夫婦と一緒に食事をいただきました。
旦那さんのAさんは日本語が上手で、奥さんも少し理解しています。
台湾は親日国なので、リスペクトしてくれてとても楽しい会話が出来ました。
台湾料理も日本人好みの味で奥さんの手料理を美味しくいただきました。

今回の台北旅行ではAさんから美味しい小籠包のお店を聞けました。
日本にもある一番有名なお店ではなく、もっと家庭的な地元のお店です。
そのお店は日本語を話せる店員さんがいて、おすすめを教えてくれたりしました。
日本にもある有名な小籠包屋さんの本店で食べたことがあるんですが、確かにそのお店に引けを取らない味です。
小籠包の他にも蒸し餃子や焼売があって、むしろそちらの味の違いを感じました。
Aさんに思わぬお店を紹介してもらえて大満足でした。

観光を楽しみ、5泊はあっという間にすぎて、Aさんご夫婦ともお別れの日が来ました。
その時に奥さんから台湾の手作りの月餅をいただきました。
「家族で召し上がってください」と日本語で言われて、とても感動しました。

台湾旅行で素敵なご夫婦と出会え、充実した旅行を楽しむことが出来ました。